2019年08月12日

「熊野摩崖仏」に至る石段は聞きしに勝る険しさだ

 豊後高田市の南端に位置する「熊野摩崖仏」に行って来た。
DSC03196.JPG

 この摩崖仏が岩山に掘られている場所は、かなり高い位置にあるため、そこに向かう階段はかなり上っていかなければならない。

 受付でお金(大人300円)を払って上り始めた最初の辺りは、まあ普通の山道という程度の勾配だ。
DSC03185.JPG

 ところが、それは鳥居のまでで、そこから上っていく石段が、とんでもなく急勾配だ。
DSC03191.JPG


 しかも、その階段は石が整然と積まれているわけではなく、適当に積んだようなバラバラな様相を呈しているため、とても上りにくい。
DSC03193.JPG


 その段積みがバラバラな様子から、「鬼が一夜で積んだ石段」との謂れのある石段だ。
DSC03181.JPG

 石段の両側には手摺りが取り付けてあるが、これがなかったなら、石段上りは(下りはもっと)かなり難しいものになるだろう。




 息をきらしながら摩崖仏の前に辿り着くと、そこには「大日如来」さんと「不動明王」さんが岩肌の高いところから見下ろしていらっしゃった。

 普通「不動明王」は怖ろし気な形相をしているのが常だが、ここの「不動明王」さんは何とも柔和なお顔をしていらっしゃる。
DSC03197.JPG 

 逆に「大日如来」さんは、何か感情を堪えているような、やや不機嫌そうな(失礼だが)表情に見える。
DSC03199.JPG





 そこで「台風が大した被害を出しませんように…」と願掛けをして、そこからさらに上にあるお社まで上がった。


 そこでも、お賽銭を上げて同じようにお参りをして、さあ今度は下りだ。
DSC03202.JPG




 足を挫かないように、転がり落ちないように注意深く下りなければならない。
DSC03205.JPG

 受付で借りて来た杖は、上りよりも下りのほうが威力を発揮する。
DSC03183.JPG

 
 時期的なものか、暑さのせいか、訪れる人はほんの数グループだけだった。

 追い越したりすれ違ったりが難しい石段なので、人が少ない方が危なくはないが、こんなに少ないのもなんだかねえ~。




 豊後高田市市街地からは、県道34号線を南東へ下り、田染郵便局近くの交差点で県道655号線に入りさらに南下。

 全行程およそ10km程度で、左に案内板が見えてくるので、そこを左折して走り、一番奥の狭い道を右手にあがっていくと、受付横の駐車場に着く。
DSC03179.JPG
 



 
posted by よっちゃん at 23:08| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください