2019年09月10日

楽しく授業してきた「懐かしの授業体験」プログラム~昭和の町「夢町教室」に於いて

 昭和の町「ロマン蔵」内の夢町教室で、佐賀県基山町から観光にみえた方々に「懐かしの授業体験」プログラムを実施してきた。
DSC03635.JPG

 今回の時間割は、前回と同じ「国語」「社会」「音楽」だったが、「社会」「音楽」の内容は新しい内容を用意して臨んだ。

 かいつまんで言うと、「社会」は、戦中・戦後のお金(硬貨)事情を問題形式で学び、「音楽」は足踏みオルガンの伴奏で「ふるさと」「里の秋」をみんなで合唱するという内容だ。
DSC03629.JPG

 「国語」は、いつもながらの懐かしの紙芝居。
DSC03624.JPG



 授業を始める前、添乗員さんが「授業の予定時間は30分です」と言うと、「え~っ!!!」とどよめきが走ったのだが、最初に昭和なアイテム(アルマイトの給食配膳セットや謄写版等)を使って少しアイスブレーキングを図ると、すぐに乗ってきて下さり、懐かしい思い出を次々と語ってくださった。


 そのうち、合間合間で拍手もして下さるようになり、皆さんの表情からもいい感触を得ることができるようになっていった。




 最後の合唱では、足踏みオルガンで最初の音を出すやいなや、教室中に「わ~っ!」という歓声があがり、その音色に懐かしさがこみ上げていらっしゃったのが、よく分かった。

 二曲歌ったのだが、どちらも皆さんしっかりと声を張って3番までしっかりと歌ってくださった。
DSC03633.JPG



 教室いっぱいに入っていたお客さんたちだったが、最後列の方までしっかりと反応して下くださって、30分の授業もあっという間に終わりを迎えた。


 初め「30分も付き合わされるの?」といった雰囲気を醸し出してたお客さんも、最後は皆さんとてもいい笑顔で、和やかに終われたのでほっとした。



 反応のいいお客さんに乗せられて、今日はおちゃらける場面が多少は増したかもしれない。
DSC03630.JPG
 


 あまりの暑さのために、突如予定を繰り上げて少し早く始めるという対応を迫られた今回であったが、楽しく授業をすることができたので、満ち足りた気分で帰路につくことができた。

 気持ちよく授業をさせてくださったお客さんたちに本当に感謝だ。どうもありがとう!

 
 
posted by よっちゃん at 20:09| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください