2020年02月29日

このところ「アーチ橋(構造)」が密かなマイ・ブーム

 宇佐市院内町でたくさんの美しい「アーチ橋」に出会ってから、このところその「アーチ橋(構造)」が密かなマイブームとなっている。




 先日は、世界で唯一と言われている木造アーチ橋の山口県岩国市の「錦帯橋」を見に行ってきた。

 しかしながら、木造であるため頻繁にメンテナンスを行う必要があるらしく、ちょうど5年に1度のメンテナンス工事が行われていたため、橋幕で覆われその全貌を見ることはできなかった。
DSC08346.JPG

 工事が終わったら、眺めのいい頃にまた再訪しようと思う。
DSC08353.JPG




 その後、大分県宇佐市院内を通る機会があったので、またいくつかの石橋を訪れてみた。

 このブログで紹介したことのある石橋ほど大きくない石橋も、院内にはたくさんある。


 国道387号線から見える位置にある「飯塚橋」。
DSC08510.JPG

 この橋は、けっこう深い谷にかかっており、昔はかなり重宝したのだろうと思う。
DSC08515.JPG

 橋の規模の割に大きな石材が使われているところが特徴なんだとか…。
DSC08514.JPG


 また、こちらも相当高い渓谷にかけられた「水雲橋」。
水雲橋2.JPG

 最初、何と読むのか分からなかったが、「すのり」と読むのだそう。

 ここの地名からとられたようだが、普通では読めない。

 とても長い橋脚を持つ2連の美しいアーチ橋だ。
水雲橋1.JPG





 「アーチ橋」を巡っていて、特にこの頃気にしているのが「要石(かなめいし)」。

 「アーチ構造」を支える文字通り「要(かなめ)」となる石で、とても重要な役目を持つという。

 アーチを完成させるために、最後にアーチのてっぺんに打ち込まれる石で、他の輪石とは明らかに大きさが異なるものが多い。



 下の写真は、やはり院内の「鳥居橋」と「富士見橋」の写真のアップだが、アーチの中央に大きな要石が見える。
DSC08558.JPG DSC08516.JPG


 木造の「錦帯橋」でも、この「要石」に相当する「大棟木」という5.7mもある部材が使われているらしいので、今度行った時にはしっかりと見てこようと思う。

 

 

 
posted by よっちゃん at 17:05| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください