2020年05月02日

ダッチオーブンで丸鶏がおいしく焼けたよ~

 ゴールデンウィーク真っただ中だが、外食もしにくいので、おウチご飯を工夫することに…。


 そこで、鶏を丸ごと買ってきて、直火で調理することにした。
DSC08980.JPG


 使うのは、ダッチオーブン。
DSC08982.JPG

 移住してきて以来、倉庫にしまい込んでいたのを引っ張り出して来た。


 
 たき火に、そのまま鍋ごと放り込んでもいいのだが、時間があるのでお腹に詰め物をすることにした。

 詰めるのは、モチ米と少しばかりの野菜。

 今回は、パプリカとシメジに、香り付けとしてローズマリーを2枝。

 味付けは、黒コショウと「香りソルト」(クレイジーソルトでもOK)に、すりおろしニンニク(今回はチューブを使う)をたっぷり目に擦り込む。

 その際、鶏にはフォークをさして穴をたくさんあけておくと、味が滲み易い。
DSC08984.JPG


 
 このように鶏のお腹に詰め物をしておくと、鶏から出るエキスを詰め物(今回はモチ米だが、パンとかでも良い)が吸って、おいしさ倍増という寸法だ。


 
 ダッチオーブンは、食材の下ごしらえをするところと、あと火を起こしてオキ炭を作っておくところが調理作業のほとんどだ。



 ここまでできたら、あとは食材を入れたダッチオーブンごと火の中に入れて待つだけ。

 待ってる間にやることと言えば、火を絶やさないように炭を継ぎ足すだけ。



 
 待つこと1時間で、調理終了。
DSC08989.JPG

 こんがり焼けた鶏(つけあわせに入れた野菜が少し焦げたが)は、おいしそうな匂いと色に…。
DSC08990.JPG


 早速、モモ、手羽、胸と切り分けて、実食。
DSC08992.JPG


 鶏はジューシーでハーブやスパイスの香りも効いてておいしかった。

 お腹の詰め物も、鶏のエキスをよく吸っておいしかった。


 
 ただ、若鶏の割にけっこうな脂が出たので、手や口の周りがべたべたになったところがちょっとだけ面倒!



 でも、時間がある時は、仕込み作業からの面倒も助けに…。

 おいしいご飯も食べられて、贅沢な一日となったと思える今日この頃…。

 

 
posted by よっちゃん at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください