2020年06月17日

鮮やかな花をつけたサボテンと多肉植物

 この時期、我が家の庭にもいろいろな花が咲いて、自分たちの目を楽しませてくれている。


 アジサイにキキョウにバラと、その色も種類も実に多様だ。

 特に、この間からかわいらしい花をつけているのが鉢植えのサボテンと多肉植物。
DSC09220.JPG DSC09222.JPG

 
 それら植物のぼってりとした姿からは想像できないような、可憐で鮮やかな色の花をつけるので驚く。

 サボテンは、日のあるうちだけ咲いて、夕方にはとじてしまう一日かぎりの花だ。
DSC09218.JPG

 それに比べて、多肉植物の方は、次々と花をつけその花の寿命も長い。





 この植物たちは、咲いていない時期はほとんど目もくれず、半ばほったらかしにしているのに、必ず花をつけてくれる。

 この時期だけ愛でて「綺麗!」と褒めそやすのは、我ながら「何とも身勝手な!」と思えてくる。



 
 しかもこのサボテンは、繁殖能力が以上に高く、これまで貰われていった子どもたちは数知れず。

 きっと、もらわれた先でもその家の人たちの目を楽しませているにちがいない。



 今も、どんどん子どもが生まれているので、だれか貰ってくれないかな?



 

posted by よっちゃん at 22:31| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください