2020年10月15日

豊後高田で大分県立美術館の作品鑑賞

 芸術の秋第3弾。

 今日は、大分県立美術館のコレクションの一部を出張展示している催しに行って来た。
CIMG6818.JPG



 場所は、豊後高田市の昭和の町に近い「教育会館」だ。


 会場の壁いっぱいに掲げられた作品たちは、パンフレットで見ていた印象とは全然違っていた。


 
 違いの要因は、何よりその大きさだ。

 ほとんどの作品が壁全体をうめるくらいの大きさで、間近で見るととても迫力がある。
美術鑑賞③.jpg

 それが、本家の美術館で見るよりもさらに近い30cmくらいのところで見られるのは、何とも贅沢だ。



 作品も油彩や版画に、布製のものまであったりして、凸凹や貼り付けてあるものの質感は、やはり間近でないととらえられない。
美術鑑賞④.jpg
 

 また、会場中央に置いてある2点の壺も、独自の存在感を放っていた。
美術鑑賞⑤.jpg



 県内出身の作家さんの作品も多いし、六郷満山文化ならではの仏像等の迫力も目を引いた。




 この事業では、市内の小中学生を順番に招待する取り組みも行われており、天気の良さもあって、会場内は密にならない程度のまずまずの人出であった。
美術鑑賞①.jpg


 この展示会は、10月21日(水)まで続くそう。

 無料だし、手軽な芸術鑑賞としてお勧めだ。

 
posted by よっちゃん at 21:38| Comment(0) | 伝統文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください