2020年12月19日

大勢で楽しんだ詩~まどみちお・阪田寛夫~

 今日は、豊後高田市が小中学生向けに開催している無料塾「学びの21世紀塾」をお手伝い。

 今日は、5・6年生の混合クラスを担当。



 1・2限目は、算数と国語のテキストに勤しむ子どもたちをひたすら手助け。

 3限目は、「言葉」をテーマに今年は学んでいるということなので、私が自作した詩のテキストに挑戦してもらう。




 とりあげた詩は、まどみちおさん・阪田寛夫さんの名コンビの詩3編。
DSC00056.JPG

 お二人特有の楽しい「言葉遊び」にも近い詩なので、子どもたちも楽しんでくれるだろうと予想。
 
    タンポポ
          まどみちお
   だれでも タンポポをすきです
   どうぶつたちも 大すきです
   でも どうぶつたちは
   タンポポの ことを
   タンポポとは いいません
   めいめい こうよんでいます

    イヌ      …ワンフォフォ
    ウシ      …ターモーモ 
    ハト      …ポッポン
    カラス     …ターター
    デンデンムシ  …タンタンポ
    タニシ     …タンココ
    カエル     …ポポタ
    ナメクジ    …タヌーペ
    テントウムシ  …タンポンタン
    ヘビ      …タン
    チョウチョウ  …ポポポポ





 でも普通に読んでもすぐ終わってしまうので、楽しく読めるようにと、テキストにはひと工夫。

 テキストは、言葉の組み合わせを予想しながら読み進められるようにしていたため、みんなその謎解きに集中。
DSC00054.JPG




 最後にこの授業の楽しさを訊ねたところ、⑤点満点で⑤が7割、④が3割とけっこうな高評価であった。


 感想にも、その授業の楽しかった様子がよく表れていたので、一部ご紹介。


 ◆最初に読んだ「タンポポ」では、それぞれの動物が呼ぶ言い方が「音やダジャレ」などで、おもしろかったです。

 ◆お母さんやお父さんの意味が深いと思いました。あと、難しそうに見えて簡単なものもあって、おもしろかったです。



 ◆言葉の言い方が似ているのを続けて言うと、本当に似ていたので、詩を書いた人はよく考えてあると思いました。
  ぼく一人では解けなかった問題も、みんなで解いたらできたので、楽しかったです。

 ◆詩人は、詩を工夫して作っているんだなと思いました。意味が分かると、工夫しているなと思いました。
  音や語呂の組み合わせがすごいなと思いました。

 ◆詩を書く人は、創造して書いていると初めて知りました。自分でも創造してみたい。
  予想するのが楽しかった。また詩で予想してみたい。



 ◆詩に興味がなかったけど、クイズのようにしたら楽しかったので、興味を持ちました。

 ◆今までは、詩についてあまり考えたことがなかったけれど、もっと詩を読んでみたいと思いました。休み時間にも読んでみたいです。



 一人で読む詩もいいが、時には大せいであれやこれや言いながら楽しむ詩もいいものだ。

 機会があれば、またやりたい。



 
posted by よっちゃん at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください