2020年06月23日

丸々と大きいビワをいただいた

 ご近所さんからビワをいただいた。

 
 昨年もいただいたのだが、昨年のよりも大きくて丸っこい。
DSC09303.JPG

 今年はある程度摘果して、袋掛けもしてあるなあと思っていたら、やはり出来が良かったらしい。
DSC09306.JPG
 


 プリっとしている実のお尻から皮を剥いて食べたら、確かに昨年のよりも甘い。

 やはり苦労しただけのことはある(自分は全然苦労してないが…)。



 昨年は、かなりの数が鳥のゴハンになったようだったが、これなら鳥が食べる前にヒトが食べなければ…。

 ご近所さんの苦労を思いながら、ズシッと重たい実をおいしくいただいた。




 ビワは、実を食べる以外に、葉を煎じて飲むなど薬効も期待できるため、ウチにも苗を植えてみた。
DSC09304.JPG

 よく野菜やハーブを分けていただくYさん宅からビワの苗も分けていただいたからだ。


 実や葉を収穫できるまでには、どれくらいかかるか分からないが、枯らさないようにしっかりと世話をしていこう。




posted by よっちゃん at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

ウメとジャガイモの収穫はまずまず

 今日午前中は、ウメとジャガイモの収穫作業。

 梅雨の足音がせまりつつあるようだし、ちょうど陽も陰っているので、本日決行することに…。



 まず、梅を収穫する。

 先日、ウメジュース用に2kgほどちぎったが、もう少し熟れるまでと待っていた分だ。
DSC09228.JPG

 待ったかいあって、少しばかり黄色く色づいたものも見られた。



 最初に手が届く範囲を地上からちぎり、手の届かない所を後から脚立に載ってちぎっていった。

 しかし、これがなかなかに大変。
 
 脚立の上に立ちながら、枝と枝の間に体を差し入れて、枝の先の方になっている梅をちぎる。

 不安定な脚立の上で、遠くの枝を引き寄せては、手と体を伸ばしながらちぎること2時間余り。


 ようやく全部の梅を採ちぎり終えた。


 

 苦労した甲斐あって、大ザルとダンボールに一杯になった。
DSC09230.JPG DSC09229.JPG

 量ってみると、今年は昨年よりもかなり多い25kg(+先の梅ジュース用2kg)もあった。

 



 その中から、傷みや斑点の少ない使えそうなものを選び出したところ、2/3程度になってしまった。

 それでも17kgほどは残ったので、良しとするか。


 巷では、今年の梅の作柄は「裏であまり良くない」と聞くので、良かった方だろう。



 こちらは少しばかり追熟させて「梅干し」を作る予定だ。






 次に、ジャガイモを掘る。

 今年は、キタアカリとメークイーンの2種類を植えていた。
DSC09236.JPG



 先にキタアカリから掘る。

 けっこう大きいのが採れて、先に試し掘りしていたヤツと合わせると13kgほど。
DSC09235.JPG

 それから、少な目にしか植えていなかったメークイーンを掘る。

 いつもより長いのがいくつも入っていて、こちらは5kgほどあった。
DSC09237.JPG



 二つ合わせると、18kgの収穫ならまずまずだ。

 しかも大きなサイズのもけっこうある。



 早速、小イモを少しばかりレンジでチンしてみた。
DSC09240.JPG

 バターをつけて頂くと、ほろほろと口の中で砕けて、ジャガイモだけのシンプルさが美味い。


 
  
 さて、残りのジャガイモは何にしてやろうか?


 
posted by よっちゃん at 16:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

梅ジュースの仕込み終了

 庭の梅が収穫の時期を迎えた。

 今年もまあまあのサイズの梅が、枝も折れんとばかりにたわわに実っている。
DSC09212.JPG

 昨年もたくさんの梅が実りはしたが、黒星病に侵されていたためか、実にたくさんの茶色い斑点が出ていて、結局使えるものにはならなかった。



 その反省から、今年は春の雨が降り始めるよりかなり早い時期に、予防の薬をかけておいた。

 黒星病は、枝についている病原菌が雨で葉や実に拡散されることで起こってくるらしい。

 できるだけ薬は使いたくはないのだが、梅の木が古木なために、どうしても若木のような病気をはね返す力がないので仕方がない。





 しかし、その甲斐あって、今年は青々とした梅がたくさん育ってくれた。

 全体ではかなりの量になりそうなので、全部を一度に収穫してすぐには処理できないと思い、とりあえず今日は梅ジュースの分だけを収穫。
DSC09206.JPG


 2kg以上の梅をちぎり、水に数時間浸してアク抜き。

 それから水気をとって、竹串で一つひとつヘタを取り除く。

 
 そして、片端からビン(ホワイトリカーで内部を消毒しておいたもの)に氷砂糖と交互に詰めていく。

 いっぱいになったところで、腐敗やカビ防止のために酢(今回は残っておたリンゴ酢を使う)を上から回しかけて作業終了。
DSC09207.JPG



 1ケ月ほど冷暗所に置いて、氷砂糖が梅のエキスに溶けたら出来上がり。

 それまで毎日、発酵しないようにビンを揺らすのを忘れないようにしないと…。



 昨年うまく行かなかった分まで、今年はうまくいきますように…。


 

 
posted by よっちゃん at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする