2018年08月28日

LEDライトがシーグラスを生かす小さなオブジェ

 日中は暑いため、午後は風の通る日陰で、少しの時間だったが、久しぶりの制作活動を楽しんだ。


 つい最近、Seria(百均)でいいものを見つけたので、やりたくてたまらなかった飾り物作りだ。

 そのいいものとは、6個つながったLEDライトを光らせるタイプの「インテリア用ケーブルライト」だ。
DSC00660.JPGDSC00659.JPG

 
 そして、先日長崎鼻にヒマワリを見に行った際、海水浴場に降りて流木を拾って来たので、それも使うことにした。

 【材料】
  ・シーグラス(波の寄せる砂浜で拾える)3色 ・流木 
  ・ミニ試験管3本 ・LEDライト ・電池(単三2本)
  DSC00693.JPG

 【道具】
  ・穴開け用ドリル ・研磨用やすり ・ピンセット

 
 手順
  1.流木に試験管をさす穴をドリルで開ける。
    DSC00695.JPG
  2.試験管3本に、それぞれ違う色のシーグラスとLEDライトを2つずつピンセットを使って入れていく。
  3.シーグラスを詰めた試験管を、流木に下から挿す。
  4.LEDライトの電池ボックスに、単三電池を2つ入れて、スイッチを入れる。

 ややうす暗いところで点灯すると、LEDライトが色ガラスの美しさをいっそう引き立ててくれるようだった。
DSC00699.JPG

 
 
 実は、この作品にはずい分前に作った同様のモチーフの作品が存在する。

 それは、シーグラスを太陽の光にすかして見るかたちの下の作品だ。
 DSC00704.JPG
 
 これは、太陽光に輝く時は、それなりにきれいだが、光のない室内では、ぱっとしない飾りだった。

 しかし、今回手軽に中に挿し込めるLEDライトを見つけたために、夜の室内でも十分楽しむことができるようになった。
DSC00718.JPG


 これも、「葉脈を光に透かして見る作品」(7月19日紹介)と併せて、「光に映える」シリーズとしようと思う。


  
ラベル:クラフト
posted by よっちゃん at 20:15| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

タマムシが飾り物に

 小さいころから生き物好きで、今もってそれは変わらない。

 一昨日のブログのように、きれいな色やかっこいい形の虫・鳥などに特に惹きつけられる。

 
 それが高じて、いつしか色のきれいな切手まで集めてしまっていた。
DSC00513.JPG

 その切手を飾ろうと、Seria(100均)で買っておいたミニ額縁(下左写真)。
DSC00500.JPGDSC00503.JPG

 上右写真のように切手を飾るのもいいが、タマムシのような自然な色のままの虫も飾るときれいだろうなあ。




 一昨日のタマムシを、そのまま外に放置しておいたら、アリがたかり始めていた。


 そこで、そのミニ額縁を少しばかり改良してタマムシを飾ることにした。


 具体的な工程は、そのままでは紙しか入らない後ろ側を、2cm程深くしてタマムシの入るスペースを確保するというものだ。

 そのために、後ろ側の額を立てる部分にベニヤで小さな箱を作り木工用ボンドでくっつけた。
DSC00505.JPGDSC00509.JPG

 
 箱ができたので、中にタマムシを木工用ボンドで固定し、後ろ側を閉じてできあがり。
DSC00515.JPG
ラベル:クラフト
posted by よっちゃん at 22:18| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

朽ちた根っこで一輪挿し

 午前中、伐採した木々の根を掘り起こしていて、近くに埋まっていた古い木の小さな根が一緒に出てきた。

 ずい分前から埋もれていたものらしく、いい感じに朽ちている。片手に乗るくらいなのに、なかなかの重量感だ。

 二つ出てきたので、一輪挿しにしようと、洗って干しておき、午後から加工に取りかかった。


 加工といっても、たいした加工ではない。予定したところに穴を真っ直ぐにあけるのに注意が必要なくらいだ。


準備
 掘り出した木の根 ミニ試験管(口径10㎜ 長さ105㎜)
 のこぎり 電動ドリル ドリル刃 
DSC00497.JPG

加工手順
 ①置いた時、水平になるよう下部をカットし、安定させる。
 ②試験管を立てる位置を決め、上部も水平にカットする。
 ③ドリル刃を大きくしながら試験管を挿す穴をあけていく。
 ④ミニ試験管を挿して、完成。

注意
 ドリルスタンドや卓上ボール盤がない場合、でこぼこした材に、ドリルで垂直に穴をあけていくのはけっこう難しい。
 
 最初から大きな径のドリルで穴をあけようとすると、位置が定まらなかったり、ドリル刃が垂直に入らなかったりする可能性があるからだ。
  
 そこで、ドリル刃の径を次第に大きくしながら、少しずつ穴を大きくしていくと失敗しにくい。

 

 二つとも完成したので、早速野の花を入れて飾ってみた。いい感じ(自画自賛)!!
DSC00477.JPGDSC00492.JPG

 昨日のブログの生き物同様、自然の作り出す造形物には、人工物では決してでない面白さがある。

 色、模様、形、匂い、手触り、等々。同じものは、二つとない。

 この朽ちた根っこだけが持つ味わいがある。

 
 割と短時間でできたが、猛暑続きのため、実は花を捜す方が大変だった。



ラベル:クラフト
posted by よっちゃん at 17:38| Comment(2) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする