2018年07月19日

Seriaの「木製写真立て 両面タイプ」を使って

 Seria(百円ショップ)の「木製写真立て」は、「これで百円!」と思えるくらいのクオリティーだ。
 特徴は、表にも裏にも写真を入れて両面から見られるように2枚のガラスで挟み込む構造になっている点だ。ガラスが2枚入って、作りもしっかりしており、ガラスが飛び出さないように上部には黒いプラ製の「板トンボ」も埋め込み式で取り付けてある。
 こういうのを見つけると、「ここに何を入れてやろうか」と創作の食指が動き始める。

DSC00317.JPG
 木製なので、中に入れたいものに合わせて、簡単にペイントができる。
 塗料のにおいが苦手なので、この頃いいものを見つけた(以前から出ていたのだろうが…)。ターナー社製の「ミルクペイント」(200mℓ¥800 450mℓ¥1500)だ。
 この塗料は牛乳からできた天然由来の水性塗料で、有害物質を含まずツンとした匂いもない。
クリーミーな質感で、伸びもよく塗りやすいので、初心者のDYIerにも人気のようだ。
ホームセンターやDaiso(百円ショップ)にも置いてある。

 そして何よりうれしいのが、ペイントの仕上がりにいろんな効果をもたらす「メディウム」という付属塗料が少量ずつセット販売(6本入り¥1600)されていることだ。このセットには、①「ダストメディウム」(白っぽくくせうんだ仕上がりに)②「プラスターメディウム」(漆喰風の仕上がりに)③アンティークメディウム(アンティークな仕上がりに)④クラッキングメディウム(ひび割れしたタッチを再現)⑤トップコートクリア(上塗りすることで耐久性が高まる)⑥マルチプライマー(金属・ガラス・プラスティック等への塗料の密着性を高める)が入っており、塗りたいものに合わせていろんな効果を試すことができる。
  下は「木製写真立て」に「インディアンターコイズ」のミルク
                ペイントと「アンティークメディウム」を合わせた例。
DSC00321.JPGDSC00320.JPG
左2つはダイソー商品で右がターナー社製

  こうして好みの色に「木製写真立て」をペイントして、中に染料で着色した「葉脈だけになった大きな葉(晩白柚)」を入れて光の差し込む窓際に置いてみた。こういった光の効果を生かしたいときに、両面タイプの写真立てが威力を発揮する。
DSC00310.JPG
 逆光なのでちょっと見えづらいが、左が「アースホワイト」のミルクペイントに「クラッキングメディウム」を施したもので、右が「アンティークワックス」だけを施したものだ。色や効果の取り合わせは無数に考えられそうだ。
ラベル:クラフト
posted by よっちゃん at 11:33| Comment(1) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

専用の机ができた

 この連休、ひどい猛暑の中、机作りにはげんた。
 あまりの暑さのため、頻繁に休憩をとりつつ、何とか2日がかりで完成にこぎつけた。
 足は2×材(ツーバイ材)で天板はパイン材を組み合わせて作ったが、足をホゾ組(簡単な)にしたため、そのホゾ穴をあけるのに一番時間がかかった。
 
 これまではパソコン打つにも、書き物するにも応接台や食卓台に間借りしてたので、専用の机ができたことは、うれしいかぎりだ。

DSC00287.JPG

 その前に作ったのは、下の炊飯器台。

 自分で作るのは手間だが、ほぼ望みのサイズにできるところがいい。
 2×材はもともと構造材だが、初めから表面が研磨され面取りもされているので、こうやって表に出てきても塗装なしで使え、木質自体も柔らかいので加工も割と簡単にできるところが魅力だ。

DSC00288.JPG
posted by よっちゃん at 16:01| Comment(0) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

草用コンポスター

 梅雨が明けるやいなや、強烈な陽射しを浴びてあっちからこっちから草がメリメリと伸びてきた。
 次々と抜く草に加えて、庭の木や周りの山林から舞い落ちてくる枯れ葉も合わせるとすごい量になりそうなので、移住早々大きめのコンポスターを製作した。

 大きいため、取りまわしし易いように3段の組み立て式にした。でも、これもじきに満杯になってしまいそうなので、早めにもう一つ製作しなくては…。

DSC00284.JPG
これが1つの段。これを3つ積み重ねて、雨が入らないように屋根をつけると、下のようなコンポスターになった。
DSC00283.JPG
posted by よっちゃん at 18:06| Comment(1) | 製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする