2019年07月06日

院内の桁橋「久地橋」も、なかなかのものだ!

 宇佐方面に向かう機会があったので、「道の駅 いんない」に立ち寄り、前々から欲しかった「いんない石橋マップ」(宇佐市観光協会)なるものを手に入れた。
DSC03027.JPG

 これを見れば、「院内」に数多く存在する石橋の位置がかなり捉えやすくなる。
DSC03026.JPG

 
 これを見ながら、今回は前々から気になっていたアーチ橋でない「桁橋」と言われる石橋を訪れてみた。
DSC03025.JPG

 院内に75基ある石橋のほとんどが「アーチ橋」で、「桁橋」はその中のわずか9基しかない。



 国道387号線から少し入った所にあるその橋は「久地橋」。
 
 遊歩道の案内板をたよりにたどっていくと、案内板から200m足らずで、「久地橋」に辿り着いた。
DSC02998.JPG DSC02979.JPG

 
 「桁橋」は大きくは作れないので、もっとひっそりと草等に覆われるように存在するかと思っていたら、橋の周りはきちんと整備され、説明書きの大きな看板などが設置してあった。
DSC02980.JPG DSC02995.JPG
 

 橋は大きな桁石を谷に渡して、その上に16枚の板石を並べて作られていた。
DSC02981.JPG

 上から見るとそう大きく見えないが、橋のたもとから下に降りられるようになっているので、谷に降りて下から見上げると、けっこうな大きさと重量感である。
DSC02988.JPG

 解説板に「桁橋としては、県内最大だ」と書いてあったのも頷ける。


 橋の重量が相当なため、片側だけ石組の支えが施されていた。
DSC02991.JPG

さらに、上を荷車等が通行すると、破損してしまう恐れもあるため、橋のたもとに通行を制限するための標柱が埋め込まれてあった。
DSC02994.JPG 


 橋を渡り、遊歩道をさらに進んだら、遊歩道を右回りして橋に出るための案内板に出くわした。
DSC02996.JPG

 どちらから巡っても、ぐるっと一回りできるようになっている。

 案内板近くに住む女性が、「そうたいした距離ではない」と予め教えてくれてたので、安心して歩を進めることができた。




 アーチ橋ではないタイプの石橋なので、そうは期待してはいなかったが、この橋がかかっている谷も含めてなかなか見ごたえのある石橋だった。


 国道387号線を宇佐に向かって左折し、少しだけ入ったところなので、橋に興味のある人は一度訪れてみるのも悪くないだろう。
 
posted by よっちゃん at 16:17| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

豊後高田の商店街でロケをした映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」

 今晩9時から、日本テレビ系列「FBS福岡放送」で、2017年公開の映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」が放送される。
ナミヤ雑貨店の奇跡.jpg

 この映画のロケ地として、豊後高田市内の商店街をはじめ、各所が使われたらしい。

 それで、しばらく前から市のホームページでも、しきりとこの映画の放送をPRしていた。

 そして、また先ほどは、市のケーブルネットワークの告知端末からも、この映画のPR放送が流れてきていた。


 
 豊後高田の商店街は、「昭和の町」感あふれる風情が保たれている(それで売り出している)ので、昔の雰囲気を思わせるロケ地としてぴったりだったのだろう。
DSC00333.JPG DSC02647.JPG

 ロケの様子を生で見た人によると、主演のジャニーズの男の子(山田涼介)らを目当てに押し寄せた観光客がすごい数だったと言っていた。

 
 その時使われたセットは、今でも「昭和の町」の商店街に残されていて、時折その前で記念撮影している観光客などを見かける。
DSC00330.JPG



 自分は、山下達郎の作った映画主題歌「REBORN」と、それを映画の中で「門脇麦」が歌うシーンが気になっていたので、この機会にぜひ見てみようと思う。



 
posted by よっちゃん at 20:41| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

第2回「一箱古本市」も楽しかったよ~

 今日は、豊後高田市のほぼ中心部にある「妙壽寺」さんを会場として「一箱古本市」の第二回目。
一箱古本市②.jpg

 この「妙壽寺」さんは、それは見事な大屋根を持っており、1903年(明治35年)に建てられたその本堂は、昨年国の「登録有形文化財」に認定された素晴らしいお寺だ。
DSC02864.JPG DSC02889.JPG
中央公園から本堂の屋根の後ろ側を見たところ

 いい機会なので、この文化財として価値のあるお寺にたくさんの方に来てもらい、このお寺の素晴らしさを知っていただこうという目的もあって、このお寺が会場に選定したとのこと…。
DSC02865.JPG



 
 数日前から時間をかけて準備した大量の荷物を抱え、会場の「妙壽寺」に着くと、お店を開く場所を選定して早速出店準備。

 ディスプレー用に持って来た本立てやダンボール等を組み合わせて、何とか商品が見えるようになった。
DSC02866.JPG

 本以外にも「おもしろ・ふしぎ玩具」も持って来たので、それも本の周りに配置。




 今回の目玉は「令和」の出典となった『万葉集』と、昨年亡くなられた板倉清宣氏の『いたずら博士の科学の本シリーズ』

 この「一箱古本市」の醍醐味は、自分のこだわりの本を介して、お客さんとその本や著者に関わるお話ができること。



 ありがたことに、その『万葉集』と『いたずら博士の科学の本シリーズ』3冊が売れて、その本の話で盛り上がることができた。

 その他にも、第一回目でも売れた”沖田✕華”の『やらかしシリーズ』のコミックや、今話題の俳句関連の本に、画集玩具等も買ってもらえた。

 
 特に「ふしぎな玩具」は、お客さんを驚かせたり笑わせたりして、かなり楽しむことができるので、出店の際は必須アイテムだ。

 


 合間に他のお店も覗いてみると、珍しい本や面白い物が売ってあるお店がいくつもあった。
DSC02861.JPG珍しい古漫画本
 DSC02863.JPG
手作りのノーズフルートを並べていたのは、「月波や」さん
 DSC02868.JPG
手作りの「福ダルマ箸置き」を置いていたのは「アトリエ・アルテ」さん
 



 昼頃になって、いよいよ「音むすび」の出番が来た。

 梅雨間近なので雨にまつわる歌や唱歌等をお客さんと一緒に楽しんだ後、自分らの「弾き語り」の出番が来た。
DSC02874.JPG

 例によって時間がなく、本番までに二人で一度も合わせることなくお客さんの前に立つとは、我ながらいい度胸だが、こういう場をもらえるのはありがたことなので、破れかぶれの出たとこ勝負だ。
DSC02876.JPG

 案の定、テンポや間奏の小節数等の認識にズレはあったものの、やや強引に押し切り、最後まで歌い切った。

 正に冷や汗ものである。

 それでも、懲りずに「次はどの歌に挑戦しようか?」などと言っている我らは、何とも懲りないヤツだ。





 音楽の後は、絵本を大きなスクリーンに映しながら、BGM付きの読み聞かせを行う「ゆうひオレンジ」さんのパフォーマンス(「えほんえいが」と呼ぶらしい)。
DSC02885.JPG

 五冊ほど読んでくれた絵本はどれもよかったし、後ろで流れるBGMもよく本に合っていた。




 今日の天気予報は、最初雨の予報が出ていたので心配していたが、見事朝から晴れ間も出て、境内には気持ちよい風が吹き渡る爽やかな一日となった。


 

 
posted by よっちゃん at 21:43| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする