2020年12月26日

「昭和の屋台市」で、今年2回目の路上ライブ

 今夕も、豊後高田市の商店街の「屋台市」で、我ら「音むすび」による路上ライブを行って来た。

 場所は、いつも通り「伯剌西爾珈琲舎」さんの軒先を(電気も)お借りして…。
DSC00086.JPG


 コロナ禍で、ずっとできなかったため、ようやく今年二回目。


 選曲は、冬に因んだ曲、朝ドラでいっそう知名度が増した小関裕而さんの作った曲、子ども用に現在流行の曲等々。

 お送りするのは歌い手さん三名と、伴奏は鍵盤にフルート・ギターといった簡単な構成。




 ライブの一部と二部の間には、ソロによる出し物。

 今日は、金谷さんの鼻笛(先日NHKののど自慢に出演)と「糸」(中島みゆき)の独唱に先立って、二曲程弾き歌い。


 
 今週に入って立て続けに飛び込んで来たなかにし礼さんと中村泰士さんの訃報。

 お二人とも、昭和歌謡を支えた作詞家・作曲家だっただけに、とっても残念!



 そこで、お二人に捧げるために、お二人の作である「北酒場」(細川たかし)となかにし礼氏の補詩作の「花の首飾り」(ザ・タイガース)を歌わせてもらった。
DSC00089.JPG

 久しぶりに歌ったが、今歌ってもやはりすばらしい曲だし、懐かしくてとても感慨深いものがあった。




 実は、先月も筒美京平さんが10月に亡くなられたのを受けて、「さらば恋人」(堺正章)を歌わせてもらった。

 今年はここにきて日本の歌謡界に功績のあった方々の訃報が相次いでいる。


 また一段と昭和が遠くなったなあと、何だかしみじみとしてしまった。


 我ら「音むすび」は、良き時代の昭和を伝えるために、これからも昭和の歌や唱歌等を歌い継いでいきたい。
DSC00093
.JPG





 最後は、子どもたちのために用意した「パプリカ」と「紅蓮華」。

 一緒に歌ってくれたお子さんの上手だったこと…。


 アニメが大流行しているため、もう何百回も歌っているからだろう。

 一緒に歌ってくれた子どもたち、どうもありがとう!
DSC00098.JPG





 先日冬至を迎えたばかりなので、日の落ちるのは早い。

 5時スタートの時点では、まだ明るかったが、終わる6時ごろには真っ暗になっていた。
DSC00094.JPG
 
 商店街の照明が煌々と灯り、商店街を飛び回る「昭和のサンタ仮面さん」が明るさと暖かさを振りまいていた。
DSC00100.JPG

 寒い中、商店街を訪れた皆さん、歌を応援してくれた皆さん、本当にどうもありがとう!


 
posted by よっちゃん at 21:19| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

なかなかの賑わいだった「昭和の町」

 昨日、今日と二日連続で、豊後高田市「昭和の町」へ出向いて来た。

 音楽サークル「音むすび」のミニコンサートのためだ。



 急に冷え込んで来て、お客さんの出足はどうかな?と思っていたところ、両日ともなかなかの賑わいだった。
DSC09967.JPG



 昨夕は、商店街の「昭和の屋台市」と銘打ったイベントを応援するためのミニコンサート。

 いつものように、「伯剌西爾珈琲舎」さんの店先を借りてのストリートで演奏。
DSC09957.JPG
 
 曲目は、晩秋からクリスマスまでの季節感のある歌と、どこか懐かしい昭和感溢れる歌等々。
DSC09956.JPG
 
 そして、中途ではお約束の我らのギターデュオ。
DSC09961.JPG

 一曲目は、先日亡くなられた筒美京平さんを偲んで、堺正章さんの「さらば恋人」を…。

 二曲目は、大分が誇るフォークソングの神様・南こうせつの名曲「赤ちょうちん」を弾き語り。

 

 木枯らしの吹き抜ける宵にぴったりで、まさにあったかいおでんが食べたい感じだった。

 寒い中、いすに座って一緒に歌ったり、手拍子をしてくださったりしたお客さんの姿がとても有難かった。

 コロナのために、マスクをしたままの歌唱にややとまどいを感じつつも、「乾杯」と合わせて都合三曲を何とか歌い終えることができたのは、皆さんのあたたかい声援のおかげだ。


 他の場所でも、ジャズの演奏などが、やはりストリートに向かって行われており、賑わいを盛り上げていた。
DSC09964.JPG

 やはり、商店街に活気があるというのはいいものだ。

 



 そして、今日の昼からは「昭和の町・ロマン蔵」の中庭で野外コンサート。
DSC09973.JPG

 昨日同様、風が強くて楽譜や譜面台が飛ぶのを必死で戻したり、押さえたりしながらの演奏。




 みんな突風にてこずりながらも、なんとか無事全曲を歌唱・演奏し終えた。
DSC09975.JPG

 曲目は、両日ともほぼ同じだったが、今日は「Oh holy night」が加わり、メインでボーカルと進行をして下さっている渡辺さんの独唱が良かった。
DSC09969.JPG





 天気が良かったし、GOTO効果もあっているのか、お客さんもそこそこ多く、立ち止まって聴いて拍手を送ってくれる人もいた。
DSC09983.JPG





 夜市も復活したし、やっとこうしてまたみんなで集まって演奏できる機会が持てたのは、幸せなことだ。

 大分でも、でもじわりとコロナが拡大しつつあるのがやや気がかりだ。

 今後のなりゆきを注視しつつ、来月末もまた出番があるようなので、備えて行きたい。

 

posted by よっちゃん at 16:46| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

早く活気が戻りますように~「昭和の町」

 行楽シーズン真っただ中。

 今日は、午前中豊後高田市の「昭和の町」へ…。
DSC00805.JPG


 昨年のちょうど今頃は、次々と観光バスで到着するお客さんのために、この「昭和の町」の「ロマン蔵」へ十回と言わないくらい足を運んだ。
DSC03930.JPG

  昨年の写真「ロマン北蔵内・夢町教室にて」

 先月から復活した「土曜夜市」も、明後日には二回目を迎えるので、お客さんはどんな感じかなあと偵察方々、社会見学。



 すると、駐車場には県外の観光バスも停まっており、お客さんの姿もちらほら…。

 商店街を散策している二人連れや、ロマン蔵で遊ぶ若い人や、ベビーカーを押したママ友グループなどなど。




 お天気もよくて、みんな気持ち良さそうにゆったりとした時間を過ごしていた。





 自分も久しぶりにゆっくりと商店街を回ってみると、駐車場になっていた銀行跡全体が工事中に…。

 立派な建物が新しく建築中で、商店街中に大きな音が響き渡っていた。




 けっこう広いスペースいっぱいに建造物が複数建設中なので、どんな店舗が完成するのか楽しみだ。

 ここを起爆剤に、商店街が盛り上がるといい。

 

 
 うろうろしていると、小腹がすいたので、「肉の金岡」さんで「和牛ミンチコロッケ」の一番高いやつを買い食い。
IMG_0485.JPG IMG_0486.JPG

 さらには、「ふくいも」さんで、昔ながらの壺で焼いた「冷やし焼き芋」も。
DSC08196.JPG 冷やし芋.jpg



 お店の人に訊ねると、GOTOトラベルの効果もあってか、少しずつだがお客さんが戻ってきてるらしい。


 このままコロナが終息して、またどこにも活気がもどりますように…。




 その思いもこめて、明後日夕方6:00から商店街の「伯剌西爾珈琲舎」さん前で「音むすび」として歌&演奏を行う予定。

 よかったら、みなさんおいでください。


posted by よっちゃん at 22:45| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする