2020年05月04日

廃棄された棚をリメイク

 廃棄された横長の木製棚を貰い受けた。

 戦後すぐから使われていた古いもののようだったが、枠は立派な木で作られているので、焼かれてしまうのはもったいない。


 そこで、ウチで使う棚としてリメイクすることに…。


 横長なのを真っ二つにして、2つの棚を作ろうと木材と格闘。
DSC08956.JPG

 ホゾ組で作られていたため、分解は簡単。



 ところが、ほぞ穴を生かすべく、ノコギリでほぞを切りこむのがけっこう大変!
DSC08866.JPG

 今は機械を使うと簡単にほぞもほぞ穴も作れるが、昔の人はノコギリとノミだけでやってのけていたのだからすごい!



 そして、今日ようやく、室内用の三角棚が完成。
DSC08994.JPG



 階段上のデッドスペースを活用した室内用は、物入れ等から溢れ出ていた仕事や趣味の道具ですぐに満杯に…。
DSC08995.JPG

 外用は、散らばっていた菜園作業のための道具等を余裕で収めることができた。
DSC08996.JPG


 2つの棚のおかげで、これからはきっと捜し物をするのが楽になるはずだ。



 
posted by よっちゃん at 15:17
"廃棄された棚をリメイク"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: